白河産コシヒカリの特徴 白河産コシヒカリの特徴  

  • 歴史
  • 気候・風土
  • 美味しさ

野崎洋光流 白河産米のおいしい炊き方

野崎洋光流 白河産米のおいしい炊き方

  • 米をやさしく洗う

    米の粒がくずれないよう、ゴシゴシこすらず、たっぷりの水でやさしく洗い流すのがコツ。
    水を3~4回かえて繰り返す。

    イメージ
  • 15分間、水につける

    米をざるに上げ、新たにたっぷりの水とともにボウルに入れ、15分間浸水させる。
    この水は、あとで流す分なので計量しなくてよい。

    イメージ
  • 15分間、ざるに上げる

    米は、長い時間水に浸けると粒の表面からくずれるので、ざるに上げて15分間おく。
    この間に米の表面についた水が吸水される。

    イメージ
  • 同量の水で、早炊き

    よく吸水させているので、水は米の1割増しではなく、1割減でよい。
    また、吸水が十分なら、炊飯器の「早炊き」機能でおいしく炊ける。

    同量イメージ
  • スイッチを切る

    炊き上がったらしゃもじでほぐし、スイッチを切る。
    乾燥を防ぐため、堅く絞ったぬれぶきんで覆う。

    スイッチを切るイメージ
  • ふっくら、おいしいよ!
 

野崎 洋光

分とく山 総料理長 野崎 洋光

1953年福島県石川郡古殿町生まれ。学校法人石川高等学校卒業後、武蔵野栄養専門学校卒業。 東京グランドホテル、八芳園を経て「とく山」料理長に。
1989年支店「分とく山」を開店し、総料理長となる。伝統の日本料理界に新風を吹き込み、NHKを中心にテレビでも活躍中。 福島県ブランド認証制度委員、しらかわ大使、「ふくしま食材データブック」の監修など福島県の食の振興に貢献している。

取扱店舗

お米のご購入はこちら