白河産コシヒカリ

  • Home
  •  /  白河産コシヒカリ

白河産コシヒカリの特徴 白河産コシヒカリの特徴 

歴史

白河市は福島県中通り南部に位置し、古代、奥州三古関のひとつ、歌枕としても名高い、「白河の関」が設置され、「みちのく」の玄関口として歴史的・地理的にも重要な位置を占めていました。

奥州関門の名城として知られた「小峰城」や名君・松平定信公が築造した日本最古の公園「南湖公園」、戊辰戦争時は激戦地になるなど様々な歴史と伝統が色濃く残る街です。

歴史イメージ

気候・風土

那須甲子連峰を源とする阿武隈川からのミネラル豊富な水の恵み。

その下流域に広がる肥沃な大地。

そして理想的な気候風土。

白河ならではの3つの豊かな恵みをふんだんに受け実る美味しい米です。

環境・風土イメージ

美味しさ

日本穀物検定協会の平成27年産米の食味ランキングにおいて特Aの評価を得ています。(中通り産米として)

米づくりに最も大切な時期が、穂の発育から登孰期にあたる7月中旬~9月中旬。

日中は晴れて気温が高く、夜間は低めという日較差の大きい福島の気候でイネは大地に力強く根を張り、米の一粒一粒にまで十分に栄養が行き届き、おいしいお米を作ります。

美味しさイメージ

お米のご購入はこちら